模擬OSCE実習@松江生協病院

2016/08/30
医師・医学生

213

 

 8月27日(土)松江生協病院でOSCE試験の対策実習を行いました。島大の4年生5名と指導役として5年生1名が参加してくれ、OSCEで問われる外科領域と医療面接について、本番さながらの模擬試験に挑戦しました。医療面接では、鈴木医師、5年生の先輩、そして模擬患者からのフィードバックがあり、本番どのような点に気を付けて試験に臨めばいいのかを具体的に学ぶことが出来ました。外科領域のガウンテクニックも嘉本医師から注意すべきポイントをあげながら何度も丁寧に指導していただき、本番への自信につながったようです。医療面接、外科領域のガウンテクニックともに大学ではなかなか学ぶことの出来ない貴重な経験となりました。実習の後には昼食交流と振り返りを行い、鈴木医師より松江生協病院の地域における役割や研修の紹介をしていただきました。
 今回は、夏休みの実習として模擬OSCE企画を開催しましたが、本番前の1月にも再度この企画を開催する予定です。今回参加してくれた学生はもちろんのこと、さらに多くの学生に参加してもらえるよう、取り組んでいきたいと思います。

 

・学生の感想
◇実際に働いていらっしゃる先生方から、現場での視点、OSCEという試験においての視点、その両方をふまえて
ご指導していただき大変勉強になった。
◇医療面接では、具体的にこんなことを聞かなければいけないと学べたり、やってみて話題が浮き上がったり
する中でよりレベルアップできた。ガウンテクニックでは、丁寧に何度も練習をさせていただき、自信を持って
できるまでに学ぶことができた。
◇大学ではできない貴重な練習をさせていただき、とても勉強になりました。

カテゴリで探す

年別で探す